サイト立ち上げ時に出遅れない為の基本的なWordPressプラグイン10選

サイト立ち上げ時に出遅れない為の基本的なWordPressプラグイン10選

とにかく、Webサイト制作・運営で数々の手間を省いてくれるありがたい存在プラグイン。
プラグインがあるからこそ、様々な人達が自由にWebサイトを制作・運営出来る様になったのです。

そんなわけで、僕がWordPressでWebサイトを制作する時、あれはどうすれば?これはどうすれば?
といった悩みを解決してくれたプラグインを10個選びました。

全て当たり前で基本的なプラグインですが、
しっかりとスタートラインに立つ為に必要なものばかりです。

僕自身が忘れない為にも紹介していきたいと思います。

Advertisement

ユーティリティ関連

Jetpack

Jetpackプラグインページ

WordPressスターターパック

その名の通りサイト立ち上げ時から一気にジェット化してくれるプラグイン。

豊富なウィジェット類(Cookie同意バナー、ソーシャルアイコン、サイト統計等)
その他にもサイト運営時に必要最低限のモノを詰め込んだスターターパックだ。
これは、WordPressが提供・管理しているプラグインでもある。

Akismet Anti-spam

Akismet Anti-Spamプラグインページ

スパム対策

サイトのコメント欄のスパムを排除してくれるプラグイン。

「いや、うちのサイト誰も見てないから。」

と思っている人も多いだろうが、サイト立ち上げ間もなく、スパムがやってくるのである。
不快なものも多いので、悪質なスパムは管理者の目に触れることなく自動廃棄してくれる。

初期設定は少し手間がかかるが導入しよう

最初の設定はちょっと手間である。Akismetのサイトで無料の会員登録をする必要があるからだ。
ちなみに、Akismetのサイトでの会員登録はAkismetの会員登録ではなく、
WordPress.comの会員登録である。

だから、WordPress.comのアカウントでAkismetのサイトにログインする事になる。

なぜなら、このプラグインもWordPressの運営が提供・管理しているからだ。

この会員登録から有効化まではWordPressのプラグイン関連のサイトを見ながらやろう。
基本的に英語サイトであり、自分で無料設定をしないといけないから注意が必要だ。
僕が参考にしたサイトはこちらだ。

SEO関連

All In One SEO

All In One SEOプラグインページ

詳細なSEO対策

こちらはSEO関連のプラグイン。

投稿の編集画面下部にタイトルやディスクリプションなどを設定する項目が追加される。
また、Google検索で表示された時のプレビューも表示されて非常に便利だ。
その他に詳細な設定が可能だ。

WordPressのSEO関連のプラグインでは、ほぼほぼこれが紹介されているスタンダードなやつだ。

無料版と有料のアップグレード版両方存在する。

Google XML Sitemap

Google XML Sitemapプラグインページ

自動サイトマップ送信

Googleクローラーに自サイトの更新状況、ページを自動で送信してくれるSEO対策必須プラグイン

日々、Webサイトを巡回しているGoogleクローラー。
そのクローラーにあなたのサイトがどれだけのページがあるのか、
新しく更新されたページや投稿はあるかを知らせる為に使う必須アイテム。

送信頻度なども設定出来るので、サイト立ち上げ時から必ず導入しよう。

ただ、これも設定方法が少しややこしく、関連Webサイトを見ながらやった方が良い。

PS Auto Sitemap

PS Auto Sitemapプラグインページ

サイトページの一覧と内部リンク作成

Webサイト内にサイトマップを自動作成してくれるプラグイン。

XMLサイトマップはGoogleクローラーという機械にあなたのサイトの地図を渡す役割を果たすが、
これは、Webサイトを見に来た人間に見せるマップである。

要は、あなたのサイトの投稿やページのリンクが一つのページに一覧として表示されるのである。

閲覧性もさることながら、内部リンクが貼られる為、SEO的にも良いと言われている。
導入しておいた方が良いし、その方が本格的なWebサイトっぽくなるよ。

WordPress Ping Optimizer

WordPress Ping Optimaizerプラグインページ

Ping送信

新規投稿をPingサーバに送信するプラグイン。

ネット上には更新情報を収集しているPingサーバーがある。
あなたがブログで新規投稿をすると、その情報がPingサーバーに送られ更新結果が反映される。
そうすると、検索結果に表示されやすくなるというわけだ。

これもSEO的には導入した方が良いだろう。

Pingサーバーも一つではなく、無数にあるので、それらのドメインを設定画面から登録しよう。

使い方、PingサーバーURL一覧は以下のサイトを参考に。

ソーシャル関連

WP User Avatar

WP User Avatarプラグインページ

管理者プロフィールアイコンの設定

管理者プロフィールアイコンをサイトごとに個別設定出来るプラグイン。

WordPressの管理者プロフィールアイコンは初期ではGravatarである。

Gravatarに登録したアイコンは、
あなたがGravatarのサイトで登録したメールアドレスに紐付いている為、
Gravatar対応のWebサイトでコメント欄にGravatarで登録した同じメールアドレスを入力し
ブログにコメントをすれば、Gravatarで設定したアイコンがコメント欄に表示されるわけだ。

コメントする度にいちいちアイコンを設定する手間が省けるとうメリットがある。

そんなの嫌だ。使い分けたい。という人におすすめなのが、WP User Avatarである。
会員登録の必要もないので、有効化後、このプラグインで設定したプロフィールアイコンは
その管理しているサイトのみで表示される。

複数のサイトを運営し、使い分けたい人におすすめである。

WP Social Bookmarking Light

WP Social Bookmarking Lightプラグインページ

ソーシャルアイコンでシェア

投稿の上部、もしくは下部にソーシャルアイコンバッジを表示してくれるプラグイン。

ユーザーが気に入った記事をシェア出来るプラグインだ。

SNSで拡散されるとアクセス数もアップ。
記事を読んで、Webサイト内で完結させるのではなく、
Webサイトの外に流してもらう為に必要だ。

どんなWebサイトにもソーシャルアイコンバッジは表示されているはず。

アイコンバッジの種類も豊富用意されているので、あなたのWebサイトにあった
デザインを選ぼう。

投稿関連

Contact Form 7

Contact Form 7プラグインページ

簡単お問い合わせフォーム作成

手軽にコンタクトフォームの作成が出来るプラグイン。

完全趣味のWebサイトであるならば、お問い合わせフォームを作る必要もないとは思う。
しかし、サーバーをレンタルし、WordPressをインストールしてサイト運営するのであれば
少なからずアドセンス広告などで収益化を目指す人が大多数だと思う。
その時、運営者情報が一切なく、問い合わせも出来ないサイトだと、
ユーザーから信用はなかなか得られないだろう。

やはり、お問い合わせフォームは用意しておく必要がある。

初期の送信先メールアドレスは、WordPressログイン時に使うメールアドレスに設定されているが、
任意のメールアドレスの設定も可能だ。

大体のWordPressサイトのコンタクトフォームにこれが使われていると言っても良いだろう。
これも、スタンダードなプラグインだ。

以下が参考サイトだ。

Easy Table of Contents

Easy Table of Contentsプラグインページ

簡単目次作成

記事の最初に表示される目次作成の為のプラグイン。

目次ってどうやって作っているのだろう。と思って調べた人も多いはず。
プラグインで一発解決。

見出しごとに目次を作成してくれる。入れ子表示にも対応。

また、目次のアンカーをクリックした時、
特定の見出しまで移動してくれるが、画面上のギリギリに見出しが移動したりすると、
メニューバーに隠れてしまったりするが、それを防ぐ為に、
何pxのパディングを空けるかの設定も出来るプラグインだ。

また、SEO的にも目次がある方が良いとされているし、
長い記事の場合は読み手にもゴールを示す事が出来る為、
ユーザビリティに優れたプラグインだ。

まとめ

テーマによっては上記で紹介したプラグインが不要なものもある。

このサイトはLION MEDIAという無料のWordPressテーマを使用しているが、
目次やシェア用のソーシャルアイコンバッジは自動作成される機能を搭載している。

だから、今回紹介した、Easy Table of ContentsやWP Social Bookmarking Lightは
このサイトでは導入していない。

重複するプラグインを入れると誤作動を起こす可能性もあるので、
あなたが使っているテーマの機能を把握した上でプラグインを導入しよう。