OVERHIT

OVERHIT

久々に新しいゲームをダウンロードしたので、ゲームレビューをしてみようと思います。

今回はタイトル通り、ファーストインプレッション、すなわち
第一印象レビューです。

ゲームにおいて、ファーストインプレッションはものすごく大事です。
特に、基本無料のスマホゲーは、ファーストインプレッションがダメなら
即アンインストール逝きです。(無料の怖い所でもあるわけです。)

ちなみに、有料の買い切り型のゲーム(据え置き型)は最初の10分が勝負と言われています。

で、今回のレビューはNexon×NAT GAMESによるスマホゲー
シネマティックヒーローアクションRPGゲーム『OVERHIT』です。

ゲームのダウンロードはこちら

【iPhone版】OVERHIT -オーバーヒット- – NEXON Company

【Android版】OVERHIT -オーバーヒット- – NEXON Company

 

ゲームエンジンはUnreal Engine 4が使用されています。
美麗なグラフィックと600MB以上に及ぶフルボイスデータは
もう、一昔の前のポチポチゲーとは比べ物にならない位にリッチになっているのです。

私のiPhone 6s plusが爆発寸前でした。

あと、Nexonのゲームである『HIT』や、
netmarbleの『リネージュ2 レボリューション』にしろ、
最近のスマホゲーの公式サイトは、Webサイトがど迫力です。

サイトのファーストビューの背景がゲームのPV動画が流れる仕様となっていて、
ここ最近、特に海外のWebデザイン界隈でのトレンドでもあるわけです。

では、僕が『OVERHIT』をプレイしたファーストインプレッションレビューです。

機種:iPhone 6s plus
プレイ時間:1時間
Advertisement

OVERHIT レビュー(ファーストインプレッション)

画像はキレイ

overhit 戦闘

まぁ、Unreal Engine 4を使用しているという謳い文句のゲームですから、
これらは当たり前だと思います。

Unreal Engine 4は建築業界でも非常に注目されているプラットフォームでもありますからね。

かつて、スマホゲーはUnitiyで制作しているものが多かったですが、
特に韓国のゲームメーカーがスマホゲーにもUE4を使いだして
リッチ感を全面に押し出してきていますね。

音声データ量が600MB以上のフルボイスは、スマホゲーとして非常にリッチである

App Storeからダウンロードをして、ゲームをiPhoneにインストールした後、
音声データをダウンロードするのですが、その容量が600MB以上だったのです。
(ダウンロードするかしないかは任意で決めれます)

とにかく、キャラクターが喋りまくります。
おそらく、デモシーンは全編フルボイスだと思われます。

また、ロビー画面でも少し放置するとキャラクターが独り言を喋ったりするなど、
かつての据え置きゲームの売りでもあった事がスマホゲーでも実現されています。

最近のIT界隈での、いかに無料で素晴らしいコンテンツを提供し、
しっかりと使わせ、理解させた後、有料で関連したものを売っていくという、
いわゆるコンテンツマーケティングみたいな事を
スマホゲーのメーカーも実践しているのかなと思うわけです。

大容量ゲームだが、レスポンスが良くてストレスが溜まらない

インストールする時2GB以上のデータ量があります。
最近のハイエンドなスマホゲーでは当たり前ではありますが、
大容量のゲームの割には操作のレスポンスが良かったです。

要はもっさりしていない、サクサク操作が出来るゲームです。

タッチパネルは物理コントローラーに比べると不利ではありますが、
レスポンスの良さでしっかりカバーされています。

ちなみに、ボタンアイコンが全体的に小さいと感じました。
そんなに不便ではないですが、ちょっと押しにくいかなという印象です。

セレクトガチャ

セレクトガチャ

ガチャは一回すると、どんな結果になろうとも、キャンセルは出来ませんが、
このセレクトガチャはガチャを回した後、カードの結果を見て、気に入らなければ
最高30回までやり直せるという代物です。

これは、他のゲームでも搭載されているのでしょうか?
僕はあまり、スマホゲーをプレイするタイプではないのでその辺りは分かりませんが、
なかなかユーザーをフレンドリーなシステムで、ちょっと驚きました。

デモが長すぎる

とにかく、デモシーンが長い。
このゲームの売りでもあるシネマティックヒーローバトルというジャンルだけあって
とにかくデモが続きます。スキップは可能です。

デモ9、戦闘1の割合と言ってもいいでしょう。

派手なアクションやゲームとしての遊びを期待すると、
少し物足りなさがあるかもしれません。

デモシーンの背景がぼやけすぎて見にくい

overhit

デモシーンなんですが、カメラがキャラクターに焦点を合わせるのは当たり前なのですが、
焦点を絞りすぎて、背景がぼやけ過ぎています。

キャラクターに注目させたいのは分かるのですが、ゲームの全体の絵としては、
違和感が拭えません。ゲーム自体に支障はないので、好みの問題かもしれません。

このゲームは声優さんとゲームの物語を楽しむゲーム

表題通り、このゲームは声優さんと物語を楽しむ事に重点を置いているゲームではないでしょうか。

先程も述べたとおり、ゲームとしての遊びの部分は物足りなさを感じる事があるかもしれまん。
しかし、声優ファン、声優に造詣がある方、ゲームに物語性を求めるRPGファンであれば、
かなり楽しめるゲームでしょう。

かなり作り込まれた非常にリッチなゲームですので、プレイの価値は十分にあります。

overhit rスコア