BlenderでCG制作時に必須なショートカットキー(基礎編)

BlenderでCG制作時に必須なショートカットキー(基礎編)

無料の3DCG制作ツールBlender。趣味から商業用として幅広く使われている。
その操作方法は独特で、スタンダードな(Maya, 3ds MAX等)ソフトからBlenderを使用すると
かなり手惑う。逆もしかりだ。

また、豊富なショートカットキーも用意されており、
ショートカットキーを覚えなければ効率よく、作業を行うのが難しいソフトでもある。

そこで、Blenderで3DCG制作をする上で必須なショートカットキーを押さえておいた。

以下のショートカットキーを覚えていれば、基本的な3DCG制作を行う事が出来る。

メニューから選ぶことも出来るが、
クリエイティブ系のアプリケーションソフト類は多機能・高機能なので、
ショートカットキーを覚えないと生産性が確実に落ちる為しっかり覚えよう。

Advertisement

Blender

Blenderショートカットキー

Shift+A プリミティブ追加
  • 追加するオブジェクトメニューを表示します。
Shift+D オブジェクトの複製
Alt+D オブジェクトのクローン
  • 元のオブジェクトとリンクで繋がっている為、元のオブジェクトを編集すると自動的にクローンのオブジェクトも編集される。
Ctrl+R ループカット
  • 辺を追加。
Ctrl+J オブジェクトの結合
  • 一つのオブジェクトになる。
Ctrl+G オブジェクトのグループ化
  • 他アプリケーションにエクスポートする時にグループとしてエクスポートされるので編集に便利。
  • グループ化していないと、エクスポート時、全てのオブジェクトが個別にエクスポートされてしまう。

A オブジェクトの全選択又は全選択解除

X or Delete 選択中のオブジェクトの削除

編集モード中
I (Inset Faces) 面を差し込む
編集モード中
E (Extrude) 押し出し
Ctrl+B ベベル(決定前にホイールで辺を追加)
G (Grab) オブジェクトのグローバル移動
  • (Grabは「つかむ」の意味。文字通り掴んで自由に動かせる。)
S (Scale) 拡大縮小
  • 拡大縮小(Sを押した後、X,Y,Zのいずれかを押すと、それぞれに対応した軸方向だけに拡大縮小が出来る。
R (Rotate) 回転
  • オブジェクトの回転(Rを押した後、X,Y,Zのいずれかを押すと、それぞれに対応した軸方向だけに回転させる事が出来る。
O プロポーショナル編集
  • 選択した辺、頂点、ポリゴンと周辺を柔らかく変形する事が可能になる
TAB オブジェクトモードと編集モード切り替え
編集モード中
U UVマッピング
  • 「UV展開」をする事でレンダリング時に画像テクスチャを表示させる事が出来る。

UV展開をしなければ、画像テクスチャはレンダリング時に表示されない
画像テクスチャが反映されないと困っている人の大半はこれに起因する。

編集モード中
P 別オブジェクトに分離
以上がBlenderで3DCG制作で必須となるショートカットキーだ。
どの業界も生産性とスピードを必ず重視される
ショートカットキーの覚え方は実際に制作する事と英語を覚える事で習得が早くなる。
ショートカットキーは英語の頭文字に対応したものが多いからだ。