4000時間の英語学習者の僕が初心者におすすめするリスニング勉強法

4000時間の英語学習者の僕が初心者におすすめするリスニング勉強法

前回は発音について紹介した。

リスニングで聞き取れる様になるには、
実際に発音する事と聞きながら書き取る作業が必要になる。

今回は、実際に聞いた英語を書き写す方法を紹介する。

ディクテーション

ディクテーションとは英語の音声を聴きながら、
その聞き取った英語を書き取っていく作業の事を言う。

ティクテーションの効能

一言で言うと「耳が開く」という表現が一番合うと思う。

今まで閉じていた英語を聞き分ける耳が徐々に開いていく感覚を覚えるだろう。

聞くだけでは、分かったつもりになるだけだ。
脳は都合よく解釈するからね。

実際書き記す事で自分の理解度と修正箇所を把握出来るので
ディクテーションは大事なんだ

リスニングおすすめ教材

ディクテーションをやるにあたって教材が必要になる。
ディクテーションオススメの教材を紹介する。

朝日出版社から毎月発売されている『CNN English Express』だ。

雑誌かよ!今の時代アプリがあるだろ!(怒)」という声が聞こえそうだが、

『CNN English Express』はディクテーション用に編集されているから
勧めているのである。

しかも、キャスター達はしっかりとした発音でハキハキと喋る。
また、米英語、イギリス英語、オーストラリア英語など、
キャスターの出身国によって様々な種類の英語がある事を知る重要な機会でもあるのだ。

ニュースなんて嫌だ。ニュースよりも海外セレブのインタビューの方が興味がある。

気持ちは分かるが、初心者のあなたはおそらく聞き取れないだろう。
ずーっと分からないままだ。

彼らは砕けた喋り方、早口、あやふやな発音で喋りまくるからだ。
彼らはニュースキャスターではないので、これは仕方がない事なんだ。

『CNN English Express』

『CNN English Express』はまず、ウォーミングアップとして、
およそ30秒前後のニュース音声と英語テキスト共に10個以上用意されている。

最初は30秒のディクテーションが限界だと思う。
日本語でもおそらくそうだろう。

しかし、『CNN English Express』のニュースネタのチョイスが抜群に良いので、
日本人でも興味深い内容となっていてる。

また、なかなか日本では分からない海外事情を知る事も出来るので
飽きにくい構成となっている。

ディクテーションの方法

ライティング

用意するもの

  • 『CNN English Express』
  • ノート
  • シャーペン
  • イヤホン
  • 語学学習用機能付ウォーク

※語学学習用機能付ウォークマンとは、ワンクリックで3秒巻き戻しが出来たり、
音声スピードを調節出来る機能を有したウォークマンだ。スマホで出来るならそれでも構わない。
これらの機能はあった方が便利というだけで、必須とまでは言わない。

まず、先程紹介した『CNN English Express』を開こう。
できれば英文の本文は見ずに見出しだけ見て大まかな内容を知ろう。

話を理解するにはテーマと文脈を知らないと理解が困難だからだ。

また、イヤホンの着用は必須だ。
なぜなら、日本人が聞き取れない子音や間を聞き取れる様にする為だ

では以下の手順で進めてみよう。

音声を聞きながらノートに英文を書き取っていこう。

  • 間違えていても構わない。聞こえない部分は飛ばそう。
  • 書き写している時は音声を止めてもいい。ノンストップで書き写す事は不可能だ。
  • 英語のテキストは見ない。音声だけを頼りにしてほしい。

極力、内容全体を意識して聞こう。

  • なぜなら、人の話は単語単体で成り立っていないからだ。
    単語がいくつも組み合わさって初めて話になるからだ。
    単語だけ聞き取って話の内容が理解出来ないのでは意味がない。

分からない部分は巻き戻しをしよう。

  • 単語単体で聞くのではなく、あくまでも話しの文脈から英語を聞き取って書き取る事を意識しよう。

全て終えたら英語テキストを見て答え合わせだ。

  • 何をどう聞き取ったのか。聞き取れなかった箇所をチェックする。
  • 自分が何を間違えたのか知らなければ修正のしようがない。

そして音声を聞き直そう。

  • これを毎日やる。毎日だ!

まとめ

ディクテーションでありがちなのは、手順2でも述べた通り、単語単体だけを聞き取って、
話の内容が理解出来ていないという事がおきがちなんだ。

言葉、話は文脈から予想して人間は内容を理解するんだ。
英語だけでなく、日本語も同じだ。

僕ら日本人は日本語の文脈を意識する必要がないくらいに使い倒しているから
気付かないだけなんだ。

リスニングでは単語ばかり聞くのではなく、話しの大局を理解しよう。

次回はよりリスニング力を向上させる為に必要なシャドーイングについて紹介する。


リクルートのTOEIC®対策