英語初心者の為のTOEICテストのリスニングパート攻略法

英語初心者の為のTOEICテストのリスニングパート攻略法

TOEICの概要についてはこちらを参考にしてほしい。


TOEICテストのリスニングがどうしても分からない。

そういう人はたくさんいるだろう。

それは、あなたのリスニングのレベルが低いからだろうか?

もちろん、そういう人もいるだろう。
しかし、リスニングレベルの問題ではない可能性があるとしたら?

そこで、TOEICのリスニングセクションの攻略法を
紹介したいと思う。

※ちなみにTOEICを受ける前に必ず、TOEIC公式問題集はやっておこう。
本番のTOEICは基本的にTOEIC公式問題集と同じ構成だからだ。

TOEICリスニングセクションは先回りをする

TOEIC全般に言える事だが、
TOEICは「スピードテスト」である。

とにかく、TOEICのリスニングは先回りをしよう。

おそらく、TOEICのリスニングで問題が解けないという人は
リスニングのスピードに追いつけていないからだ。

リスニングが解けないと言っている人の原因

おそらく、あなたが1問目を解いている最中に2問目が始まるはずだ。

大体の人がこういう経験をしている。

そして、追いつく為に解答っぽい選択肢をとりあえず選び、
2問目に取り掛かるはずだ。

しかし、2問目のリスニングは、あなたが1問目を解いている間に
流れていたので、うろ覚えで2問目を解くことになる。

これを繰り返してしまい、リスニングでしっかり英語の音声を
聞き取る事が出来ず、ただ単に英語の音声に追いつく為だけに
解答っぽい選択肢をマークし続けていく事になる。

そして、追いつく為にはどこかで一旦問題を捨て、
仕切り直すしか方法はなくなるのである。

例えリスニングで聞き取りがしっかりと出来る人でも、
音声に追いつけなければ問題は解けなくなるわけである。

TOEICリスニングセクションの攻略法

戦略

  1. 一番最初のリスニングセクションの指示説明は無視する。
  2. Part 1はとにかく写真を全て見る
  3. Part 2だけはあなたの自力でやって
  4. Part 3, Part 4では設問と解答の選択肢を先に見る。

一番最初のリスニングセクションの指示説明は無視する。

最初に問題が始まる前に
英語音声で指示音声が流れるはずだ。

その時、あなたはリスニングセクションの指示音声を
律儀に聞く必要はない。

おそらく、あなたは事前にTOEICの公式問題集をやっているはずで、
TOEICテストの流れは分かっているはずだからだ。

先回りする為にはリスニングセクションの指示音声は
無視しなければならない。

Part 1は先回りして写真を見る

一枚一枚問題が始まる毎に写真を見るのではなく、
ザーッと全ての写真に目を通そう。

Part 2の応答問題は自力でやって

Part 2は設問も解答も一切書かれていない。
自力でやる他はない。

言える事があるとするなら、

リスニングは最初が肝心だ。
英語は大事な部分を最初に言う

からである。

「Who」「What」「Can」「Do」など、
出だしの英語を聞き逃さない事が肝心だ。

Part 3, Part 4では設問と解答の選択肢を先に見る。

あなたがしなければならない事は、指示音声が始まれば、
すぐ、設問と解答の選択肢に目を通さなければならない。

そして、設問と解答の選択肢を読み、
会話や説明を聞きながら、解答をしていく。

とにかく先回りだ。

TOEICだけでなく日常のリスニングでも活躍できる

先回りをする。
要は推測をする事でもある。

これらの方法は別にTOEICリスニングに限った話ではない。

僕たち人間はいつも推測で相手の話を理解しているからだ。

日本人であれば、日本語で会話をしている時、
今、自分は相手の話を推測して答えているという意識はないはずだ。

それは、意識をしなくてもいい位に日本語を理解しているからだ。

英語が特別なわけではない。

ただ単に新しい言語を学んでいる最中だから、
意識的に推測しなければならないだけなんだ。

まとめ

TOEICは経験が必要だ。

回数を重ねることでスコアも徐々に上がっていくだろう。

そして、何度も公式問題集を解いて慣れよう。


リクルートのTOEIC®対策