あなたがプレイしたいSteamおすすめハクスラを見つける方法

あなたがプレイしたいSteamおすすめハクスラを見つける方法

Steamでおもしろいハクスラを買いたくて悩んでいる人は多いだろう。

おそらく、おすすめのハクスラが紹介されたサイトなども巡回されていると思う。

しかし、あなたはまだ決められないわけだ。では、おもしろいハクスラを失敗せずに選ぶ方法は何か?

それは、とにかく「買う」につきる。

ハクスラのトレハン要素やビルドなどの面白さは、プレイしなければ絶対に分からないからである。

ただ、闇雲に買うのは良くない。今はゲームの情報は山のように溢れかえっている。

そこで、あなたがプレイしたいSteamおすすめハクスラを選ぶ事が出来る様に手引きしたいと思う。

Advertisement

おすすめされている代表的なハクスラ一覧

Steamやゲームを扱ったサイトでは、Steamおすすめハクスラが紹介されていたりする。
主に掲載されている代表的なハクスラは以下になるだろう。

BORDERLANDS 2

メタスコア 発売年 言語 評価(Steam)
89 2012 日本語 非常に好評

Torchlight2

メタスコア 発売年 言語 評価(Steam)
88 2012 日本語 非常に好評

Grim Dawn

メタスコア 発売年 言語 評価(Steam)
83 2016 日本語化可能 非常に好評

The Incredible Adventures of Van Helsing: Final Cut

メタスコア 発売年 言語 評価(Steam)
79 2015 日本語化可能 賛否両論

Titan Quest Anniversary Edition

メタスコア 発売年 言語 評価(Steam)
77(2006) 2016 日本語 非常に好評

Victor Vran

メタスコア 発売年 言語 評価(Steam)
75 2015 日本語 非常に好評


まとめると以下の通りになる。

  • メタスコアは75~89点の間で全て合格点レベル
  • 評価もほぼ全てで「非常に好評」
  • 低価格
  • 比較的近年に発売されたゲームで新しい
  • 全て日本語対応可能

The Incredible Adventures of Van Helsing: Final Cutシリーズは3作品が全て入っている為価格は高めである。Titan Quest Anniversary Editionは大幅にアップグレードされたリマスターなので今プレイしても遜色はない

Grim Dawnの日本語化は以下参照

The Incredible Adventures of Van Helsing: Final Cutの日本語化は以下参照

さらに、ハクスラは面白く、長時間プレイが可能だ。

だから、あなたはハクスラをプレイしたいのだろう。そして、選べないでいる。

おすすめハクスラの見極め方

消去法

あなたはこれだけのハクスラが他のWebサイトも含めて推薦されているにも関わらず選べないでいる。

おそらく理由は以下の4つだ。

  1. 値段に見合ったゲームか判断できない
  2. おもしろいかどうか判断できない
  3. 自分のPCで動くか分からない
  4. 他のハクスラとの違いが分かりづらい

では、順を追って見てみよう。

値段に見合ったゲームか判断できない。おもしろいかどうか判断ができない

価格以上の価値はある

1と2に関して言うと、検索上位のWebサイトで紹介されているハクスラは基本的にハズレはないと思って良いだろう。

また、Steamのレビューやメタスコアなど、ゲーマーの評価がすこぶる高い。プレイ時間も数百時間なんてザラだ。

海外にはコアで熱狂的なハクスラファンは多く、下手なものは絶対に作れないジャンルでもある。

さらに価格は1980円から。

もう、お分かりだと思うが、価格以上の価値は担保されている。またゲーマーの評価から見ても面白さも担保されている。

よって、1と2はすでに解決済みなのである。

今から5年以上前のハクスラが今でも紹介されるのは、ハクスラというジャンルは面白くて息の長いゲームだという証明でもあるのだ。

自分のPCで動くか分からない

要求スペックは高くない

3に関して言うと、上記で紹介されたハクスラは、低スペックなパソコンでもプレイ可能なゲームである。
(最低レベルのグラフィックに設定しても動かないという事はないはずだ。)

Torchlight IIに至っては体験版が用意されている。

ハクスラは他の3Dゲームに比べて、要求スペックが比較的低かったりする。

また、面白いとされるハクスラ作品群も2012年辺りに発売されたものが多いからだ。

だから、最新のパソコンでなくても、2012~13年以降のパソコンであれば、最近のハクスラゲームは、基本的に遊べると思って良いだろう。

他のハクスラとの違いが分からない

ゲームシステムはほぼ同じ

あなたが、ハクスラを選べない理由。

それは、

他のハクスラとの違いが分からない

という事ではないだろうか。

ひょっとしたら、これが一番の理由かもしれない。

ハクスラはストーリーより、ゲームシステムを重視したジャンルである。

そして、ご存知だと思うが、ハクスラのシステムは『Diablo』シリーズを継承している。いや、継承していなければハクスラではないのだ。

『Diablo』が「ハクスラ」であり「ハクスラ」が『Diablo』だからだ。(なんのこっちゃ)

だから、ハクスラのゲームシステムはほぼ一緒といって良いだろう。

もし、新しいハクスラのシステムが発案されるとしたら、それは『Diablo』シリーズのみである。

だから、ハクスラのゲームシステムで大きな違いを見分ける事が出来るとしたら、『Diablo』シリーズが大きく舵を切り、ゲームシステムを一新した時だけだろう。

そうすると、ハクスラはグラフィックや世界観の好みでしか選ぶ方法はなくなってくるのである。

アニメ調かリアルか

『Borderlands 2』と『Torchlight II』はアニメ調のグラフィックと言って良いだろう。それ以外はリアル系のグラフィックになる。

世界観に関しては『Torchlight II』以外は荒廃した世界がモチーフになっているのではないだろうか。

こういう情報はYoutubeや画像から判断出来るはずだ。

特にグラフィックの好みはプレイヤーのゲームに対するモチベーションに大きく影響する

人は第一に見た目でおもしろさを判断するからだ。

「プレイしたらおもしろいから」はゲームとして失格なのである。

ゲーマーなら経験済みだと思うが見た目がダサいのに面白かったゲームというのは無かったはずだ。

「グラは関係ない!」という人がいるがゲームに対するモチベーションに関しては関係大ありなのである。

だから、せめて自分の好みだけは把握しておいてほしい。

ゲームを選べないのは経験値が少ないから

Knight

ゲームファンとしての経験値不足

まず、あなたはゲームファンとして経験値が不足している。

それは、プレイしたゲームの数が少ないという事だ。コンシューマー機なら新品で7000円位するから購入に慎重になるのは分かる。

しかし、Steamに関してはかなり安く販売されている。また、ゲームの体験数が少ないと、面白いゲームを判断するのも難しくなる。

目利きがまだ出来ていないという事なのだ。ゲームが大量に販売されている以上、あなたも大量の情報を仕入れなければならない。

  • どこのメーカーが作ったのか?
  • 開発者は誰か?
  • プレイ動画の印象は?
  • ゲームのジャンルは?
  • グラフィックは?
  • レビューは?
  • プレイ時間は?
  • 価格は?
  • 世界観は?
  • ゲームシステムは?
  • etc…

ゲームの面白さの判断材料は大量にある。

これらの材料と自分の好みを照らし合わせてゲームの購入を検討していこう。

闇雲にゲームを買えば良いわけではないのだ。

実際にプレイしてみない事には分からない

ゲーム選びに一つ難点がある。

それは、実際にプレイしないと分からないという事だ。

これはゲームの宿命なのだ。

昔に比べたら「買わなければよかった」と後悔するゲームはかなり減ってはいる。

しかし、世間では面白いとされていても、自分には合わないというゲームの方が多いのだ。

だから、まずは自分の好みを知る事が大事だ。

最近ゲームがつまらないと感じている人は、ひょっとしたら、自分が面白いと感じるゲームを忘れてしまっただけかもしれない。

昔はゲームの数は少なかったから、漠然とゲームを購入しても、好みのゲームに当たる事は多かった。

しかし、今は膨大な量のゲームが存在している。その為、自分の好みが分からないと、自分に合ったゲームに出会う事はかなり難しくなるのだ。

自分の好みを知って狙いを定める

sniper

好みのゲームだけをプレイする

ゲームにも流行りのジャンルがある。

今だと、バトルロイヤル系のシューティングゲームが流行りだ。一昔前だと、箱庭を自由に動き回れるクライムアクションが主流だった。

でも、あなたがパズルゲームが好きだったとしたら?

おそらく、最近のゲームは面白くないとなってしまうだろう。しかし、Steamを漁れば、パズルゲームはたくさん出てくる。

今、空前のハクスラブームだろうか?

そんな事はない。

でも、あなたはハクスラを探しにこのブログにやって来たわけだ。

という事は、あなたはすでに
自分の好みのゲームを知っている事になる。

周りがFPSのマルチプレイでヒャッホーしてようと、スマホゲーで数十万円単位でガチャを回す動画を配信していようと、あなたはハクスラをプレイしていれば良いのだ。

決して惑わされてはいけない。

他人の芝生は青く見えるだろう。でも、あなたはハクスラがやりたいのである。

ハクスラは日本でのマーケットが狭い

欧米ではハクスラは人気ジャンルである。

しかし、日本では非常にマーケットが狭いジャンルだ。その為、海外製のハクスラをプレイする事になる。

欧米で人気のハクスラであれば、日本語対応がされたり、有志によって日本語化される事もあるが、マイナーな場合、全て英語でプレイする事になる。

ハクスラは

成長の効果を数字と文字、両方理解出来て楽しめる

ジャンルである。

何がどう強化されたのか。何がどう弱体したのかを全編英語で理解するというのは日本人ゲーマーからするとかなり難易度が高いのである。

言語。

これが日本人ゲーマーの唯一のデメリットである。

あなたはマニアックな世界に来てしまった。それだけは認識しておこう。

ひたすらゲームをしていたあの時

gameplay

新作ゲームを毎月3本買っていた

僕は幼稚園の頃からゲームをずっとプレイしていた。

特に、僕が18歳から23歳位の5年間は、今まで生きてきた中で、一番ゲームをプレイした時期でもあった。

プレイというか、のめり込んでいた。

仕事でゲームをプレイし、家でもゲームだ。

7000円位する新作の家庭用ゲーム機ソフトを毎月3本以上は購入して家で遊んでいた。

ゲームメーカーに勤めていた頃、同じ職場の同僚や上司からでさえ「ゲーム買いすぎ」と笑われた事もある位だった。

友人からは「君の家に来ると毎回新作ゲームが置いてあるな」とも言われていた。

さすがにもう、そこまでゲームをプレイする事はなくなった。

燃え尽きたのかもしれないが。

だから、あなたがゲームを買うかどうか迷うその気持はよく理解出来る。僕もそうだったからだ。学生の頃なんか、ゲームショップに6時間位いた事もあった。

それは、なけなしの小遣いで、出来るだけおもしろく、長く遊べる中古ゲームを買わなければいけなかったからだ。

当時はネットなんてない。ゲーム雑誌を見てもなかなか伝わってこない。

でも、今はネットで動画も購入者の感想も画像も全て公開されている。しかもSteamなら価格もかなり安い。

まとめ

あなたに言いたい事は、自分の好みを把握し、ある程度の情報を得たら、ゲームの購入に踏み切る事だ。

そうしないと、あなたはずーっとゲームを買うかどうかで悩むからだ。

悩むのはしんどい事だ。楽しみたいのに悩んでしまっては元も子もない。

買って面白くなかったら、それでやめればいいだけだ。後悔はあっても、悩みはなくなる。

そして、心ゆくまでハクスラを楽しんでくれたまえ。