スクリーンショットの度にフォルダに保存してくれるWindowsのスクリーンショット機能

スクリーンショットの度にフォルダに保存してくれるWindowsのスクリーンショット機能

テストプレイヤー

PCゲーム画面をブログにアップする時に必要となるのが、スクリーンショット機能である。スクリーンショット機能を搭載しているゲームやプラットフォームであれば、スクリーンショットをする度に指定のフォルダに保存してくれるが、スクリーンショット機能が搭載されていないPCゲームの場合、パソコンのスクリーンショット機能を使用しなければならない。

一般的なWindowsのスクリーンショットと言えば「Print Screen」ボタンを押してのスクリーンショットになる。しかし、このスクリーンショット機能では、「Print Screen」を押す度にスクリーンショットが上書きされてしまう為、リアルタイムでプレイしながらスクリーンショットを収めるには向いていない。

そこで、スクリーンショットをボタンを押す度にスクリーンショット画面を自動的にフォルダに保存してくれるWindowsに標準搭載されているスクリーンショット機能を紹介しよう。

Advertisement

Windowsボタン + PrintScreen

このボタンを押す度に、自動的にフォルダの中にスクリーンショットを保存していってくれるのだ。

キーボード左下付近にあるWindowsマークとキーボード右上にあるPrintScreenボタンを同時に押す。するとPCのピクチャフォルダの中に「スクリーンショット」というフォルダが自動作成される。

スクリーンショット
以後、Windows + ScreenPrintボタンを押してスクリーンショットを収める度に、この「スクリーンショット」フォルダの中にスクリーンショット画面が保存されていく仕組みだ。

ちなみに他のWindowsのスクリーンショットのショートカットキーも紹介しておこう。

  • PrintScreen = 通常のスクリーンショット(スクリーンショットを撮る度に上書きされてしまう)
  • Alt + PrintScreen = 選択中のウィンドウのみのスクリーンショット(同じくスクリーンショットを撮る度に上書きされてしまう)

まとめ

以上がWindowsに標準搭載されているスクリーンショット機能の紹介だった。ただし、編集はPhotoshopやペイントなどで行う必要がある。ソフトウェアなどを使わずに手軽に何枚もスクリーンショットを撮れる便利なショートカットキーだ。是非使って欲しい。

Webカテゴリの最新記事